認知症予防ドッグ-1

白澤医師の特別診察・コンサルティング

認知症が気になる方
アンチエイジングの権威、白澤卓二医師が直接面談を行ないます。

料金 83,300円(消費税別)

本プランはコグニトラックス検査、オリゴスキャン、血液検査によって認知機能を評価し、これらの結果をもとに白澤卓二が特別診察及び今後の生活習慣などに対するコンサルティングを行ないます。

コグニトラックス検査の概要

コグニトラックス検査は認知機能技術を基礎とした信頼性の高い認知機能検査で、簡単な検査をいくつか行い数値化によって認知機能を評価します。

*このプランには初診料(15,000円)が含まれます。
*所要時間 約1時間+特別診察

コグニトラックス検査の概要

  • 米国のCNS Vital Signs社が開発した認知機能検査技術。
  • コンピュータを用いてウェブ上で検査を実施。
  • 記憶力、注意力、処理速度、実行機能など広範囲の機能領域を測定し、結果を数値化して年齢標準値と比較。
  • 10種類のテストを提供し、目的別にテストを選択可能。
  • 測定が終了した後、その場で結果(報告)が取得可能。
  • 測定感度が高く、正確な信頼性。
  • 経時的に記憶力、認知機能の変化を見る事が可能。
  • 学習効果や天井効果が非常に低い。
  • 50カ国の言語に対応。

オリゴスキャン検査の概要

  • 検査は手のひらから吸光光度計によって測定します。
  • 測定内容は有害重金属類(14元素)と必須ミネラル、参考ミネラル(20元素)を非侵襲・迅速に測定します。
  • 体内ミネラル(例 カルシウム、マグネシウムなど)、有害金属(例 アルミニウム、ヒ素など)を短時間で測定・解析します。

血液検査の概要

血液検査は通常の検査のほかに生化学検査、糖尿病検査(HbA1c)、男・女ホルモン検査*1、ビタミンD*2などの検査を行って認知症予防に活用します。

*1 男性ホルモン(テストステロン)の不足は、認知症の発生リスクが高まるといわれています。
*2 ビタミンDが不足してくると認知機能が衰えるといわれています。

《採血についての注意事項》

  • 血液検査の当日は採血のみを行ないます。
  • 採血する前日は飲酒をひかえてください。
  • 採血時は空腹状態が望ましいのですが、万一、食事をされてしまった場合はその旨をお知らせください。
  • 検査結果は約2週間程度かかりますのでご了承ください。
  • 検査の対象は18歳以上(未成年の場合は保護者の同意が必要)となります。
  • 検査の内容などについて不明な点がありましたら、担当医にご相談ください。

遺伝子検査の概要

遺伝子検査とは遺伝子を校正するDNAアルファベット塩基の順序を調べるもので、一般的には血液を使用します。
人間の細胞には2万5千種類の遺伝子があり、どの遺伝子に異常があるかによって、どういった病気が発症するかがわかります。
これらの遺伝子の中から当クリニックでは認知症に関する遺伝子検査を行ないます。