不眠

最近眠れないと感じていませんか?

睡眠は体内時計が関与!
人間には1日周期で体のリズムを刻む「体内時計」が備わっているといわれています。
私たちは無意識のうちに日中に目覚め、夜になると眠くなるという一定のリズムで生活をしていますが、そのリズムを調整しているのが睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」です。
メラトニンは朝目覚めてから14~16時間ぐらい経過すると体内からの指示で分泌が始まり、深部体温が低下してきて眠気を感じるようになります。
このメラトニンの分泌が乱れることによって睡眠・覚醒のリズムが正常に働かなくなると様々な不眠の症状が現れてくるといわれています。

不眠の原因を探りながら改善の手助けをします

不眠にはいくつかのタイプがあります。

  • 入眠障害・・・・寝つきが悪い
  • 中途覚醒・・・・夜中に何度か目が覚めてしまう
  • 熟睡障害・・・・眠りが浅くて目が覚めてからすっきりしない

不眠症になる原因として①心理的な要因、②環境による影響、⓷薬理的要因、④生活習慣の乱れ、⑤加齢による影響、⑥身体的要因、⑦精神疾患的要因などが考えられます。
このように不眠症にはいくつかの原因があるのでそれに応じた対策を取ることが大事です。
当クリニックはこれらの不眠の原因を患者さんと共に一緒に考えながら磁気刺激治療と薬物治療の両面からサポートしていきます。